レッツレン耐

お問合せ 会員登録

レン耐NEWS

Let'sレン耐西日本第4戦・ソニックパーク安心院3時間耐久

2024年5月31日

<レースリポート>
大会名:Let’sレン耐アジム 3時間耐久
開催場所:大分県・ソニックパーク安心院
開催日:2024年5月19日(日)
天気:晴れ
気温:20度


開催クラス
グロム5クラス  6チーム
グロム4クラス 5チーム
モンキークラス 3チーム


計チーム  14チーム

参加者数 49名

 


<レポート> 

今季初開催となった大分県・ソニックパーク安心院。
安心院(アジム)は大分県北部に位置する宇佐市の一地域となっていて、山岳地帯にあり朝夕気温が下がって日中が気温が上がることから、ぶどう栽培が盛んな地域です。
朝方は肌寒く、太陽が曇りがかっていたが、雲がなくなり太陽が差し込むと気温が上昇していった!

また昨年の12月に路面を全面改修して、キレイになったアスファルトで安心院での初バイクレースが、このレン耐が初開催することになった。
そして、何と言ってもコークスクリューがあるのがこの安心院の最大の特徴だと言える。

 

練習走行の20分が終了して、各チームスターティンググリッドへ並び、9:00ジャストに日章旗が振られスタートした。

まず、スタートで飛び出して行く#666「TEAM FACTOR」 #1「Duke 兄弟」、#2「おやじレン隊ゴレンジャー Team A」 、#21「ジージーレーシング」、#41「OYG48 狹間技建」の順でコントロールラインを通過していく。

レース開始から30分が経過したとき、 3コーナーで#4「TEAMエムⅤ」が転倒。そして、その5分後今度は2コーナーで、#25「PURE RC マルマエ」が転倒してしまう。
 
スタートから1時間が経つと風が出てきはじめた。

grom5トップは#1が浮上し、モンキーは相変わらず#41がぶっちぎり走行をしている。
スタートから飛び出して行った#666はペースを抑えて、ガソリンセーブをする

そんな中、 1コーナーで転倒マシンがコースに残っているためFCYが入る。

 

レースも折り返しの1時間30分が経過し、ダブルペリアを決める時間となった。

grom5クラスが最大で11周がハンデでもらえる事なり、トップが#2「おやじレン隊ゴレンジャー Team A」になった。

grom4はクラスも最大で11周のハンデがもらえて、#22「OUTBACK1」がトップへ立つ

モンキークラスは最大11周ハンデがもらえる事になって#43「チームYK96R」トップへ浮上する
やはりダブルペリアを意識していたチームは、残りの時間になるとしっかりとペースを上げていく!

 

レン耐では、ピット回数によってミニゲームが開催されていて、今回のお題はあの有名なキャラクターのお絵かき。
みなさん、独特な絵心をお持ちのようです。

 

そして、レースもいよいよ終わりになるところで、なんと最終ラップで#22「OUTBACK1」が9コーナーで転倒してしまう。
その他のチームは3時間経過した時点のトップからチェッカーを全車両受けた。

 

以下、正式結果は以下の通りです



<Grom5クラス>
1位 #2 おやじレン隊ゴレンジャー Team A 148周
2位 #5 MOTOR HWS 144周
3位 #1 Duke兄弟 143周

 

<Grom4クラス>
1位 #22 OUTBACK1 141周
2位 #22 OUTBACK2 137周
3位 #24 荒削りだが煌る者達 136周


<モンキークラス>
1位 #43 チームYK96R 145周
2位 #41 OYG狭間技建 144周
3位 #42 粋也庵レーシング 140周


<人生初クラス>
1位 #43 チームYK96R
2位  #22 ジージーレーシング

 


<特別賞>
#22 ジージーレーシング 山田 欣史(ヤマダヨシフミ)さんに贈られました。
受賞理由は、レース前日にバイクに乗ろうと思ったら乗れなかったので、レンタルカートで下見したことでした。